テーマ:職場環境

こんにちは。

ジェイバンの稲場真由美です。

 

今日は、「経営者の想い」について書かせていただきますね。

 

 

子育てをはじめとする家庭の問題は、個人レベルで解決できますが、

職場の人間関係は個人でできるものから、職場全体で取り組む必要があるものまで幅広いものです。

立場が違えば、ものの見方、見え方もちがうもの。
お互いが分かり合えることで、職場は見違えるほどに元気になります。

 

 

私は今年の夏から、経営者の方々に向けての問題解決にシフトしています。

 

起業して8年間、

これまでは主に家庭や職場の悩みをお持ちの方の解決法に力をいれてきました。

おかげさまで、子育てや家庭についてのプロのカウンセラー、アドバイザーはすでに育ってきています。

もちろん「家庭の幸せ追求」は今までどおり続けていきますね。

 

 

けれども職場の問題は・・・

 

 

職場の人間関係の行き違いは、個人レベルで解決ができるものもありますが、

一個人が職場の体制をはじめとする根本的な解決は、なかなかできないものです。

 

 

経営者に直接お話をお聴きすることが一番の近道だと感じました。

そこで気づいたことがあります。

 

最近、ブラック企業や○○ハラスメントなどが社会で問題となっていますが、

世の中には、社員の幸せを心から願っている経営者が、まだまだたくさんいること、

経営者と管理職、管理職と社員という立場の違い、目標の違い、

また生まれ持った考え方の違いによって、

優先順位が違い、それがいろいろなすれ違いを起こしているということを。

 

 

働きやすい職場づくりのために

 

 

人によって同じ言葉でも「聞こえ方」や「受けとめ方」が違います。

その違いを知らないことで多くの人は、人間関係の摩擦・ストレスで悩んでいます。

良かれと思って言った言葉が、嫌味に受けとられてしまったり、

反対に、上司や同僚の言ったことの真意がわからず、

どうしていいのかストレスに感じてしまったり・・・。

 

 

そのストレスが原因で、人間関係がギクシャクして、悩んだ末、会社を辞めたり、

うつになって、会社にいけなくなってしまった人が増えたりと、

会社として解決策を見つけなければいけない状況にきています。

 

私はいま、経営者または管理職の方々を対象に、心理統計学を使い、

職場の人間関係を円滑にし、報告・連絡・相談をはじめとした業務効率をアップする

『職場環境改善コンサルティング』というサービスを行っています。

 

 

 

 

workplace_01

 

 

経営者の悩み「人の問題」

 

今、多くの経営者・管理職は『人』の問題で悩んでいます。

せっかく育てた社員が辞めていく、その原因がわからない・・・。

とてももったいないことです。

 

 

今の世の中は、ひと昔前にくらべて、

「認められたい」「自分らしく生きたい」「自分にあった仕事につきたい」

「仕事と家庭を両立したい」と思う人が、明らかに増えています。

 

そのことを経営や管理する側の人はもっと理解する必要があるようです。

今、この記事をお読みくださっている方も、そう感じたことはありませんか?

 

 

 

経営者の想い

 

ニュースでは、ブラック企業の「人の使い捨て」をクローズアップしていますが、

 

 

少なくとも私が直接お話しさせていただいている中小企業の経営者は、そうではありません。

たとえ従業員側に多少の問題があっても、とても大きな心でみています。

「せっかくうちに来てくれたのだから、伸ばしてあげたい」という気持ちで。

 

 

ただ、その経営者の想いが社員たちに届いていない、伝わっていないのです。

いつの時代も経営者の気持ちは、従業員、特に若い年代には伝わりにくいものです。

 

 

上に立つ人、特に経営者は日々いろんなことを考えなくてはなりません。

経営者や管理職の説明が足りない、という場合がよくあります。

忙しい、という理由もありますし、

そのくらいわかっているだろう、と思い込んでいる場合もあります。

こんなこと言ってもいいのかな・・、と遠慮していることもあります。

 

 

また良かれと思っていっている言い方が逆効果になっている場合もあります。

つまり、言葉が足りなくてもダメ、言いすぎてもダメ・・・
結局は「伝え方」なのです。

 

想いがあっても、言葉の行き違いなどから誤解が生まれて、

部下たちのやる気がなくなったり、本来の力が発揮できなくなることが多々あります。

 

 

 

どのように伝えればいいのか悩んでいる経営者や管理職が多い現状。

そこで私の経験と心理統計学が、この解決に役立てると確信しました。

 

経営者と管理職、リーダーとの意思疎通が円滑になり、連携がうまくいく。

その下で働くスタッフも、働きやすくなり、やる気がアップし、本領を発揮できるようになる。

「社員に気持ちよく働いて欲しい」という経営者の想いも叶います。

 

 

人が育つから、結果、売上も上がる。

まさしく自然の法則に叶っているのです。

 

 

今後、成果についてご報告できればと思っております。

よりよい職場環境づくりのお役にたてるよう願っております。

 

 

=======================

 

今日も最後までお読みくださりありがとうございました。

感謝します。

 

 


職場を元気にしたい経営者の方はこちら

↓↓↓↓↓↓

こちらをクリック

bnr_workplace


心理統計学を学んで資格を取得したい方↓↓↓↓↓↓

こちらをクリック

JSP

 


テーマ:職場環境

こんにちは。

ジェイバンの稲場真由美です。

 

昨日は、とてもさわやかな秋晴れのお天気でしたね。

 

 

私は、この秋晴れを満喫して過ごすことができました。

市民体育大会に参加し、その後、実家の母のお墓参りに行き、

実家の父が入院している病院に行き、車椅子でお散歩&買い物をし・・・。

やりたかったこと、気になっていたことができて、ホッとしています。

 

 

image

 

 

 

 

一昨日のブログにて

 

一昨日のブログで、読者の方からご質問のメッセージをいただきました。

 

こちらのブログです。

親が子どもに学ぶとき【ご報告】

「入社1年目から、全社新規セールスの月間トップを3回達成しています。

彼と話していると、その理由がわかるような気がしました。」

 

『なぜそう思われたのか、もう少し詳細に書いて、教えてほしい』という、ご質問でした。

メッセージくださった方は、現在、アパレルメーカー役員の男性N様。

ゆとり世代である新卒者の離職率の高さに頭を悩ませているとのことです。

 

ご質問ありがとうございます。

大切なことにもかかわらず、母親としての主観のみで説明が少なかったことお詫びいたします。

 

 

確かに今、新卒社員の3年以内の離職率の高さが、社会問題になっています。

『ゆとり世代』の新卒者対応に悩んでいる会社が多いことは、新聞でも取り上げられていますね。

 

 

 

今日はまず、昨日のブログの補足をさせていただきます。

そして、日を改めて『新卒者の3年以内離職』について書かせていただきます。

少しでもご参考にしていただけるよう努力いたします。

 

 

ゆとり世代

 

息子は現在24歳。まさしく『ゆとり世代』です。

自分の目標には貪欲ですが、競争意識はほとんどなく、

日常的な会話の中で、私が質問しても

「フツー(普通)・・・」とか「やばい」とか単語ばかりで、

親としては、『今どきの子だなぁ』と思っています。

 

 

けれども社会人としてじっくり話をしてみて、

そんな彼を育ててくれているのは、今、働いている会社の風土と、

それに応えようとする彼の『素直さ』と『自己肯定感の高さ』だと思いました。

 

 

参考ブログ 2015/3/29

「働く環境って大切ですね。」

http://jban.club/date/2015/03/

 

 

彼が働く会社は、平均年齢が30代後半という若い人が多い一部上場のベンチャー企業です。

「ゆとり世代」が伸び伸びやっていける自由な雰囲気があるのかもしれません。

 

 

素直さと、自己肯定感については、育った家庭環境が彼に合っていたと思っています。

母親として、彼にあった育て方を心がけました。

 

 

昨日のブログには、大切な部分が抜けていたと思います。

言葉が足りなかったこと、反省しております。

 

 

 

リアル会話

 

まず「彼のトップ成績の理由がわかるような気がした」の理由についてですが、

そのときの会話をこちらにご紹介しますね。

 

私の主観を交えず、リアルな会話から読み取っていただけますと幸いです。

 

 

私 :勇介はスランプになったときって、どうしているの?

 

息子:どんなスランプ?

私 :仕事とかで・・・。

息子:仕事のことだったら、先輩に訊く。

私 :ふーん。じゃあ、数字があがらないときは?

 

息子:そのときは、お客さんに訊く。

私 :えっ?お客さんに直接訊くの?どのお客さんに訊くの?

息子:提案して、採用してもらえなかったときに「教えてください」って訊く。

私 :どうやって訊くの?

 

息子:「御社の問題を解決できるのに、どうして採用しないのか、教えてください。」

「私の説明ですか?それともサービスに必要性を感じないからですか?」って訊く。

 

私 :えーっ。お母さんだったら、なかなか訊けないなぁ・・・。

そのお客さん、答えてくれる?

 

息子:教えてくれる人もいるし、教えてくれない人もいる。

でもハッキリしていることは、自分の結果が出ないときに、

”契約しない原因”を知っているのは、そのお客さんしかいないから、

お客さんに直接訊くのが一番だと思う。

おかんも、知りたかったらお客さんに訊いてみるべきだと思うよ。

 

私 :最初からそうしていたの?

息子:数字が出なくで悩んでたときに、先輩に教えてもらった。

最初はなかなかお客さんに訊けなかったけど、それが近道だってわかったから、今はできるよ。

 

 

私 :自分から相談するの?いつ訊くの?

息子:飲みにいったときとか・・・。

私 :ふーん。先輩からよく飲みに誘われたりするの?

息子:俺から誘うことも多い。

私 :えっ?新入社員から「飲みにいきませんか?」って誘うの?

 

息子:うん、仕事中は忙しいから、ゆっくり話してもらえる時間はなかなか取れないし、

飲みながらのほうが、現場の細かいこと訊けるから・・・。

 

 

私 :飲み代は?

息子:もちろん割り勘。だから俺、お金ない・・・。

私 :なるほど・・・。

 

 

 

これは息子とのリアル会話ですが、

この会話の中から、

新卒1年目でも伸び伸びできる環境の中にいることがわかります。

支社勤務のため、比較的アットホームな職場だから、先輩との距離も近いのでしょう。

 

 

 

もうひとつ彼の資質も、理由として挙げられます。

素直に、前向きに考え、解決策を求めて、実行するタイプと思いました。

 

 

「お客さんに契約しない理由を直接訊く」ってなかなかできないものです。

 

 

独特の「ゆとり世代のおおらかさ」を感じました。
ちょっと異色の『ゆとり世代』かもしれませんね(笑)

 

N様、ご質問ありがとうございました。

十分にお答えできているか、不安はありますが、

改めて『新卒者の3年以内離職』について、客観的な題材を使い書かせていただきます。

 

今しばらくお待ちいただけますよう、よろしくお願いいたします。

 

=============================

 

 

本日も最後までおよみいただきありがとうございました。
感謝いたします。

 

 

 

 

 


テーマ:ポジション性格診断

こんにちは。

ジェイバンの稲場真由美です。

 

 

今日は「心理統計学を職場の連携にどう生かすか」についてお話します。

 

 

先日、東京の大手出版社からご依頼いただき、

「相互理解によるミスコミュニケーションの防止」をテーマに、

心理統計学を使い、11名の方に向けて個別コンサルティングをさせていただきました。

 

 

4つのタイプ「ポジション性格診断」をもとに、

自分自身のコミュニケーションの仕方について「具体的な傾向」があることを知っていただき、

職場メンバーの相関図とともに、どのように伝えるといいのか、

どんな点にに注意して、報告・連絡をすればいいのかについて、具体的にお話しました。

 

 

今回の成果は、1ヶ月くらい職場内の連携についてみる必要がありますが、

まずは自分自身を知っていただき、確認しながらお話できたことで

おひとりおひとりの方に、ピンポイントのアドバイスができ、

私にとっても大きな充実感でした。

 

 

 

image

 

 

ポジション性格診断は、2つの質問に答えるだけで、

生年月日を聞かずに4つのタイプに分けられる、ジェイバンの新しい分析法です。

 

 

今まで小売店、IT関連会社、自動車販売会社、メーカーなどからご依頼いただき、

この4つのタイプとスキルリーディングを組み合わせ、お役に立たせていただいています。

 

 

職場の研修やコンサルティングには、とてもフィットする分析法で、

それぞれの職場単位で、相関図をつくって提示すると、一目瞭然で、

自分と同じ人が誰か、違う人はどのように違うのかについて強く関心を示され

その理由や裏づけを説明すると、活用することに意欲的になってくださいます。

 

 

自分と職場の人、お互いに気持ちよく仕事をしたいと思っているけど、

ちょっとした考え方の違いや受けとめ方の違いから、勘違いやすれ違いが生まれます。

 

 

お互いの考え方を体系的に理解できれば、上司は部下への指示の仕方を工夫できますし、

部下は、少しくらい上司からいやなことを言われても、悪意はないことが理解できれば、

関係性は保てます。

 

 

「私と違うタイプだから・・・」とあきらめる。

「あきらめる」いうと、一見ネガティブにみえますが、

「みんな違って、みんないい」と思って、

「相手を、明らかに、認める」と思えば、とてもポジティブになれますよね。

 

 

 

多少のストレスを感じる相手の言動・・・。

それを、「この人はこういう人だから・・・」と、明らかに認めることができるのも、

人生を明るく歩むための「立派なスキル」だと思います。

 

 

 

心理統計学は、いろんなところで役立ちます。

一人でも多くの方に知っていただけるよう、広めていきたいと思っています。

 

 

================================

 

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

感謝します。

 

 

 

 

 

 

幸せも成功も本当の自分を知ることから@稲場真由美のジェイバンブログ

Copyright © JBAN All Rights Reserved. Created by CyberIntelligence

PAGETOP