テーマ:ブログ

こんにちは。

大変ご無沙汰しております。

ジェイバン・JLCAの稲場真由美です。

 

本日は、ご報告をかねてブログを更新させていただきます。

 

 


 

この度、一般社団法人 日本ライフコミュニケーション協会は、

文部科学省初等中等局より、委託事業「総合的な教師力向上のための調査研究事業(テーマ7 民間教育事業者の力を活用した教員の資質向上事業)」を受託いたしました。

(詳細はブログ後半でご覧いただけます)

 

 

写真は「文部科学省からの正式な採択通知と契約書」が届いた時に撮った一枚です。

 

IMG_8768

 

私は起業当時から9年間、子育てをメインテーマに「子供に合った言葉かけ」を、

お子さんをお持ちの親御さんに向けて直接伝え、

また学校ではPTAを対象に講演活動をしてまいりました。

 

また昨年より、働く職場のコミュニケーション改善を中心としたコンサルティングや研修を

一般企業さまを対象に行ってまいりました。

 

これまでの経験や実績をご評価いただき

平成28年度は、国の調査研究事業の一環として、教育の現場にかかわらせていただきます。

 

 

 

これは、協会にとっても、私にとっても、本当に嬉しいことで、

今後社会に役立っていくための、大きな礎になると確信しております。

「想いを持って続けてきて、本当に良かった」というのが本心です。

 

多くの方々にご尽力のおかげで、今日があります。

支えていただきましたこと、心より感謝いたします。

 

今回の受託について、かしこまった文章ではありますが、

以下で詳細をご覧いただけます。

 

 

ご報告

 

文部科学省実施「総合的な教師力向上のための調査研究事業」の受託について

 

 

この度、一般社団法人 日本ライフコミュニケーション協会は、

文部科学省初等中等局より、委託事業「総合的な教師力向上のための調査研究事業(テーマ7 民間教育事業者の力を活用した教員の資質向上事業)」を受託いたしました。

受託期間は、平成28年5月~平成29年3月まで。

 

総合的な教師力向上のための調査研究事業公募要領

http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/sankou/1367666.htm

こちらの公募要領より詳細をご覧いただけます。

文部科学省ホームページ 公募情報

 

受託しました調査研究事業は、文科省が教員の資質能力向上や新たな教育課題への対応に必要な教師力向上に向けた取り組みを支援するもので、

今回新たに民間教育事業者と教育委員会等が連携する取り組みを支援対象として追加されました。

 

ここで当協会は、これまでの経験や実績をもとに

「個々に合った対応ができる人材を養成するプログラムの実施」に取り組んでまいります。

 

本調査研究事業は、黒部市教育委員会と共同で企画を提案し、採択されたものです。

モデル校として黒部市内の小中学校3校を選定し、当団体のノウハウを活用したプログラムを実施します。個々の特性を相互に理解し、相手に合った言葉がけを実践することにより、「校長・教頭をはじめとした管理職の指導力向上推進」、「教員との円滑な連携による職場のメンタルヘルス向上」、「自己理解と他者理解による教員のコミュニケーション力向上」を目指します。

 

今回、文科省の本調査研究事業に採択されましたのは、これまで行ってきた小中学校PTA講演会をはじめ、一般の家庭向けに当団体代表が考案開発した「個々にあった褒め方・励まし方・教え方」をもとに親子関係の改善・問題解決における支援業務などの地道な活動と結果の評価によるものと存じます。

 

今後ICTや人工知能の進化が進む中、人間のコミュニケーション能力はますます重要になる一方、人と人が直接コミュニケーションする機会は減少し、対人関係の悩みを抱える人がますます増えると予想されます。教育の現場でも、人の問題は深刻です。本調査研究事業を通して当団体が実施するプログラムが、学校内の円滑な連携と通して、明るく元気な学校づくりに貢献できるよう尽力していく所存です。

 

 

今後、協会員の皆様のお力を借り、ともに社会に貢献する活動を行っていきたいと心より願っております。どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

一般社団法人 日本ライフコミュニケーション協会

代表理事 稲場 真由美

 

 

今後の講演

 

講演は、これまで富山県内が中心でしたが、徐々に各地からのお問い合わせが増えております。

現在、講師不在のためお受けできない団体にはご迷惑をおかけしておりますが、

今後、講師養成にも力を注いでまいります。

今しばらくお待ちいただけますと幸いです。

 

 

尚、本年度は以下の講演が決定しております。

 

 

 

 

○浦安市公民館高齢者大学「コミュニティ・カレッジうらやす」における講師派遣

日時:平成28年7月6日(水)、7日(木) 

テーマ:「シニアのためのコミュニケーション講座~大切な人ともっと心が通じ合うために~」

講師:コミュニケーション講師 駒野 あゆみ

 

  • ○東京都調布市公立小学校よりPTA向け講演に講師派遣

日時:平成28年10月1日(土)

テーマ:「親子のコミュニケーション(仮題)」

講師:稲場 真由美

 

 

 

 

===============================

 

本日も最後までお読みくださりありがとうございました。

 

 

 


テーマ:ポジション性格診断

新年あけましておめでとうございます。

ジェイバンの稲場真由美です。

 

 

さわやかな元日のお天気でしたね。

こんなに晴れ渡ったお正月は、雪国の富山では珍しく、

我が家は大阪で働いている長男が帰省して、穏やかなお正月を迎えています。

 

 

 

さて今年のお正月、あなたはいかがお過ごしですか?

年末に録画したテレビ番組や映画をご覧になる方もいらっしゃるのでは?

今日は、昨年大変話題になったドラマの人間関係について、

ジェイバン流に解説したいと思います。

 


 

そのドラマとはTBS系で放送された「下町ロケット」。

 

 

町工場の技術が、大企業を超えての痛快な大どんでん返し。

毎回引き込まれて観る中で、私はあることに気づきました。

 

 

脚本の緻密さ

とても丁寧に作りこまれています!

 

 

正直なところ、「面白くないなー」と思うドラマ(すみません)がときどきありますが、

これはキャラクター設定とセリフやリアクションに矛盾がある場合が多いようです。

 

 

 

けれど「下町ロケット」は完璧。

動画サイトで見直してみると、さらにセリフまわしや間の緻密さに感動しました。

キャストそれぞれのキャラクターとセリフがすごくあっていて、ブレがないのです。

壮大なストーリーの中に、どの職場でもありそうな「あるある場面」がたくさんあって、

すごく特徴があらわされています。

 

 

そこで今回、ポジション性格診断を使って

登場人物の「相関図をつくってみました。

 

 

 

職場環境コンサルティングをする中で、

大変好評でしたので、ご紹介させていただきますね。

 

文章にするのはなかなか難しいですが・・・伝わると嬉しいです。

一味違った視点でご覧になれますよ♪

 

 

下町ロケットの相関図

 

ジェイバンには、職場の人間関係を円滑にするために考案した

「ポジション性格診断」という診断ツールがあります。

 

 

今回、下町ロケットに登場する主要キャストそれぞれの

 

セリフや動作・リアクションなどから分析して

紙・はさみ・石・粘土 の4タイプの中から1つを選び、

 

◎佃製作所

◎帝国重工

◎佃一家

◎ガウディ計画

 

に関わる人物の相関図をつくりました。

 

 

 

 

あなたはどのタイプ?

 

まずは、あなた自身はどのタイプでしょうか?

あなたのタイプを知ってから、相関図を観ると10倍面白いですよ。

 

 

診断はとっても簡単!

2つの質問に答えるだけで、一瞬であなたのタイプがわかります。

解説つきです。

 

 

 

こちらのバナーをクリックすると診断ページが別ウィンドウで表示されます。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

sidebnr_position02

 

 

さて、あなたはどのタイプでしたか?

 

ここから下町ロケットの相関図をみていきましょう。

 

 

 

佃製作所

 

佃製作所

 

 

まず、阿部寛さんが演じる佃社長は、調和型の石。

セリフが長く、想いを丁寧に熱く語っています。

このタイプの方は、話が長いことが特徴です。

 

 

彼は理念・信念を大切にしています。

彼にとっての夢は、その理念・信念に基づいたもの。

 

 

とことんこだわりをもち、「なぜなんだ?」と理由を追求しています。

情にもろいところがありながら、頑固です。

一度こうと決めたら、帝国重工の圧力にも屈しない頑固さがあります。

以前ロケット打ち上げに失敗したとき、責任をひとりでかぶったところは相手軸。

 

 

 

このタイプの方は本質追求型

石タイプの代表的な創業者として、このような方々がいます。

 

◎ソニーの創業者 盛田昭夫氏

◎アップル社の創業者 スティーブジョブズ氏

◎マイクロソフト社の創業者 ビルゲイツ氏

 

※上記はジェイバンの心理統計学をもとに生年月日で診断した結果でタイプ分けをしています。

 

 

これらの企業はすべて今や世界の大企業ですが、

最初はみんな小さな会社からのスタートでした。

夢がありますね。

 

 

========================================

 

立川談春さんが演じる殿村経理部長は、共感型の粘土

 

佃社長の想いを汲みとって支える、素晴らしい参謀役でした。

佃社長にほれ込み、銀行をやめ、佃製作所の社員になり、

佃製作所や社長への想いの強さがセリフにあらわれています。

出すぎず、目立たず、それでいて存在感はしっかりあるのです。

 

 

 

「それはダメです」と言いながら、結局は「仕方ありませんね・・・」と折れて、

佃社長と会社のために尽力しています。

相手軸です。

 

参謀役として、このような方がいます。

◎現・安倍内閣の内閣官房長官 菅義偉氏

 

 

================================

 

安田顕さんが演じる山﨑技術開発部長は、納得型のはさみ

 

リアクションは少なく、口数が少ないですね。

セリフが短く、想いなどは話しません。

結論から話し、要点のみで会話しています。

「・・・になっています」

「・・・が足りません」

「期限はいつまでですか?」

「これとよく似た設計図です」

 

 

じっくり考えて、納得いくまでやります。

成功したときも、リアクションは小さめです。

佃社長から山崎部長に話が通りやすいのは、パワーバランスから。

 

======================================

 

佃製作所には、紙タイプの役員がいません。

紙タイプは大きく展開するときに、本来の力を発揮します。

 

 

そこで登場するのが、帝国重工の財前部長。

吉川晃司さん扮する財前部長は、願望型の紙。

 

財前部長は佃社長にとって、強力なビジネスパートナー。

紙のタイプは展開がダイナミック。

佃社長にとって、財前部長との出会いは夢を叶える運命的なものでした。

 

 

帝国重工

 

 

帝国重工の相関図を見てみましょう。

 

 

帝国重工3

 

吉川晃司さん扮する財前部長は、願望型の紙。

 

杉良太郎さんが演じる藤間社長は、願望型の

 

言葉は少なめですが、ひと言に重みとインパクトのある話し方をしています。

 

大きな夢をもち、多角的に実現・展開していきます。

現状不可能に見えることも、できてしまうのがこのタイプ。

 

大きな組織を好みます。

会話で主語が抜けます。

根回しをします。

直訴します。

 

 

紙タイプの代表的な実業家として、このような方々がいます。

 

◎京セラ 稲盛和夫氏

◎ソフトバンク 孫正義氏

◎HIS 澤田秀雄氏

◎楽天 三木谷浩史氏 

◎GMO 熊谷正寿氏

 

無から有を生み出すダイナミックな経営者が多いですね。

 

 

 

 

ガウディ計画

 

ガウディ計画

 

 

 

 

佃家

 

佃家

 

分析結果について

 

いかがでしたか?

ガウディ計画や佃家の分析は省略させていただきましたが、

一企業においても、家庭においても、いろんな考えや性格の人が共存して成り立っています。

 

違うタイプの人知恵を出し合っていくからこそ

新しいものが生まれ

不可能が可能になっていきます。

 

 

 

ここでは下町ロケットのキャストで分析しましたが、

あなたの職場やご家庭に置きかえて考えてみませんか?

 

 

 

ジェイバンの心理統計学を使うことで、相手との性格や考え方の違いを知って

よい人間関係を築く方法を見つけることができますよ。

 

======================================

 

本日も最後までお読みくださりありがとうございました。

心より感謝いたします。

 

 

2016年、本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

 


 

 

ジェイバンの心理統計学を学び、講師として教えられる「講師候補生」を募集しています。

 

 


職場を元気にしたい経営者の方はこちら

↓↓↓↓↓↓

こちらをクリック

bnr_workplace


心理統計学を学んで資格を取得したい方↓↓↓↓↓↓

こちらをクリック

JSP

 

 

 


テーマ:ブログ

こんにちは。

ジェイバンの稲場真由美です。

 

 

2015年、大晦日を迎え、今年一年を振り返っております。

ジェイバンにとっても、私個人にとっても大きな節目となる一年でした。

お世話になった方々、これまでご縁いただいた方々に心から感謝しております。

 

 

 

今年一年を振り返ってみると、

 

 

前半は、「これまで」と「これから」をつなぐための整理と準備に尽力しました。

認定制度を全体的に整備し、講師のモデル事業を実際に行うことができました。

 

 

今後の需要に対応するため「講師養成制度」を確立しました。

具体的な活動内容も明確になり、すでに始動しています。

今後、活躍分野がさらに広がるよう努力しております。

幅広い分野に役立つ可能性を確信できる状況を迎えています。

 

 

おかげさまでジェイバンを学ばれた方が、

今後も安心してスキルを磨き、活かしていける体制が整えるこtができました。

 

 

 

 

 

後半は、この理論やメソッドを、

多くの問題を抱える現代社会にどのように役立てられるかを考え、

私自身が職場の人間関係をはじめとする職場環境改善コンサルタントとして、

経営者と話し合い、取り組み、結果を出すことができました。

 

 

 

その甲斐あって、生年月日を使ったコミュニケーション手法の効果を認めていただき、

企業にも「受け入れられる時代が来た」ことを実感しました。

ビジネスや教育の分野で、今後必要とされ、役立っていける足がかりができました。

 

 

今年一年、多くの気づきをいただき、

今後のジェイバンという会社、JLCAという協会、考案・開発した私の使命や役割が

とても明確になりました。

 

 

コミュニケーションで、

社会の問題を解決できる。

 

コミュニケーションで、

明るい社会を創っていける。

 

 

それを強く確信しました。

 

 

2016年は、皆様のお役に立てる情報や気づきを

ホームページやブログから発信させていただきますね。

 

 

 

来年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

幸せも成功も本当の自分を知ることから@稲場真由美のジェイバンブログ

Copyright © JBAN All Rights Reserved.

PAGETOP