テーマ:ブログ

こんにちは。
ジェイ・バンの稲場真由美です。

 

「10年後、食える仕事、食えない仕事」という著書が今、話題になっています。
 
 IMG-0326

 

書店で見かけて、ちょっとパラパラ立ち読みして、即購入。

10年後のしごとについて、

こんなに分かりやすく、それでいて詳しく書いてある本を初めてみつけました。

 

どんなことが書いてあるのか、というと

 

●ITの進化で、日本人の仕事はどう変わろうとしているのか
●どの職業が、仕事量・賃金・雇用などについて、どう変化していくのか
●どこに落とし穴やチャンスがあるのか

 

10年後なくなる仕事については、理由を含めて詳しく解説しています。

 

また、どういう種類の仕事にチャンスがあるのか、も書いてありました。

起業や転職をお考えの方には、おススメの書籍です。
 

 

 

オンラインセミナーで一部解説します

 

今週から期間限定で無料開催しますオンラインセミナー

タイトルは「AI時代、活躍できる子に育てる3つの秘訣」

子どもを伸ばすほめ方・かかわり方、性格統計学で教えます。

 

本セミナーのなかで書籍「10年後、食える仕事・食えない仕事」の一部解説を行います。

ギュッと10分くらいで「10年後、食える仕事は何なのか」について、ピンポイントでお話しします。

 

高校生・大学生のお子さんをお持ちの方へ

今から働く高校生や大学生、今後「消える仕事」の領域に進むことは、あまり得策ではありません。

こういう情報は、学校の先生は教えてくれるのでしょうか・・・。
就職率を考えると、そんなことは言ってられないような気がします。
 
お子さんから進路について相談されたとき、適切な助言をするためにも、高校生や大学生のお子さんをお持ちの親御さんには、この機会にご参加されることをお勧めします。
 
お子さんから進路について相談されたとき、適切な助言ができることでしょう。
 

 

30代以下の若手、40~50代の方へ

30代以下の若手の方々や、キャリアシフトや定年後の対応策が必要な40代~50代の方も、ご自身の将来の身の振り方にとても役立つ内容です。
 
人生100年時代が到来し、50歳でも折り返し地点。
30~40代のうちにキャリアシフトの準備に必要な知識が得られます。
 
準備は少しでも若いうちからがいいですよ。
体力・知力面からみても得策です。
 

 

なぜ10歳以下のお子さんの親に聞いてほしいのか?

 

10歳以下のお子さんをお持ちの方に、特に聞いていただきたい理由。

それは、お子さんが社会に出る頃は、確実に「読み・書き・記憶力」という能力はAIが担っていて、それ以外の能力が求められる社会になるからです。
 
コロナ自粛でお子さんを取り巻く環境がいろいろ大変で、親もイライラしやすい時期ですが、そんな今だからこそ「関わり方」や「声掛け」が大事です。

夏休み前の今だからこそ、お子さんのやる気を引き出すほめ方・関わり方を実践して、笑顔で夏休みを過ごしてほしいと思います。
  

 

セミナーのご案内

AI時代、活躍できる子に育てる3つの秘訣!
~あなたのお子さんに合った伸ばし方、性格統計学で教えます~ 

 

7月20日までオンライン無料

 

お子さんの自己肯定感を育てたい方は、必見!

 

AIに負けないスキルとは

10年後、食える仕事、食えない仕事

プログラミング能力は本当に必要?
IT思考+「〇〇能力」で大活躍できる
AI時代、活躍できる子に育てる3つの秘訣
性格タイプ別・やる気をなくすタブーワード

わが子にあった自己肯定感を育む「ほめ方・伝え方」

 

 

講師:稲場真由美(性格統計学 考案開発者)

定員:8名

受講料:無料
受講特典:ワンポイント個別アドバイスつき

日程:7月1日~7月20日 

計20開催:日程の中からお選びください

    
詳細はこちら
↓↓↓↓

https://j-ban.com/lesson/ai-3/

AI時代活躍できる子
  

本日も最後までお読みいただきありがとうございます!

 

 

 

 

 


テーマ:ブログ

こんにちは。

ジェイ・バンの稲場真由美です。

 

今から12年前、

私は「性格統計学」というコミュニケーションを円滑にするメソッドを考案して、

「これを世の中に広めて、みんなが幸せになったらいいな」

「これを一生の仕事にしていけたら、どんなに幸せだろう」と思って起業しました。

 

ジェイ・バンの企業理念は

すべての人のよりよい人間関係と幸せのために

 

本来ビジネスするときは、誰に届けるのか、明確なターゲットを決めなくてはなりません。

30代子育てママとか、40代ビジネスマンとか、本当はもっと細かくする場合もあるようですが・・・。

 

私は「すべての人に届けたい」と思っていて、

そのぼんやりとしたターゲットに「これじゃダメなのか・・・」と悩んだりしました。

 

でも、やっぱりゴールは「すべての人に」なのです。

 

 

すべての人とは、

 

〇男性も、女性も

〇大人も、こどもも

〇個人も、企業も

〇子育てに悩む人も、恋に悩む人も

〇人事担当者も、営業マネージャーも

 

一見、無理っぽく見えるような壮大な夢のような話でしたが、

この一年で、ようやく現実になってまいりました。

 

家庭では、子育て、夫婦、介護のシーンで、

職場では、上司部下の関係、

ビジネスでは、営業・接客など

あらゆるシーンで役立つメソッドとして認められるようになりました。

 

その内容については

これから少しずつ、ご報告させていただきますね。

 

 

 

子どもの自己肯定感を育てよう

 

まずこの夏は、

2007年の起業時から、ずっと取り組んできたテーマに集中します。

 

そのテーマとは、

子どもの自己肯定感を育てること

 

10年後、今ある仕事の半分がなくなる、といわれる現代、

今までの価値観も大きく変わります。

 

記憶力や計算力は、AIの方がはるかに能力が高いのですから。

人間に求められる能力は、これまでとは全く違うものになることは明白です。

 

そこで以下のセミナーをZOOMで無料開催いたします。

 

 

AI時代活躍できる子

 

 

AI時代、活躍できる子に育てる3つの秘訣!

 

セミナー内容

AIに負けないスキルとは
10年後、食える仕事、食えない仕事
プログラミング能力は本当に必要?
IT思考+「〇〇能力」で大活躍できる
AI時代、活躍できる子に育てる3つの秘訣
性格タイプ別・やる気をなくすタブーワード

わが子にあった自己肯定感を育む「ほめ方・伝え方」

 

講師:稲場真由美(性格統計学 考案開発者)

定員:8名

受講料:無料
受講特典:ワンポイント個別アドバイスつき

日程:7月1日~7月20日 

計20開催:日程の中からお選びください

 

 

詳細はこちらから

 

 

 

 

 

 


テーマ:ブログ

こんにちは。

 

ジェイ・バンの稲場真由美です。

 

 

 

久々の投稿です。

 

 

一昨日、新しいオフィスチェアが届きました。

 

昨年9月から、業務や打ち合わせ、セミナー開催ををほぼオンラインに切り替えて、

 

自宅オフィスでテレワークをしています。

 

 

 

出張は激減。

 

オンラインなので、全国のお客様と、移動することなく打ち合わせやセミナーが可能です。

 

 

 

そういうことで、めちゃくちゃ運動不足。

 

最近、足腰が弱くなってきたかも・・・

 

と、急に不安になって、かねてより気になっていたバランスチェアを購入しました。

 

 

それが、これです。

 

 

ファイル 2020-03-19 11 06 30

 

 

どうやって座るの?

 

と、思われますよね。

 

こんな風に座ります。

 

 

ファイル 2020-03-19 14 10 10

 

 

お気に入りのオレンジチェアはしばらくお休みで、

 

ファイル 2020-03-19 14 20 39

 

 

ちょっと慣れないけど、新しいバランスチェアで頑張ります。

 

 

 

さらに肩こり、背中コリも限界を超えてきていて

 

肩こり・首コリ改善グッズを楽天で注文しました。

 

 

 

我が家には、陶板浴という24時間60度に保たれた温熱ルームがあります。

 

ファイル 2020-03-19 14 42 10

 

 

体が冷えたら、着衣のままゴロンと寝ているだけで温めれるのですが、

 

 

 

それでもコリが治らず、

 

昨日届いたこちらのグッズを合わせて使おう!と思っています。

 

ファイル 2020-03-19 12 03 08

 

 

姿勢は、見た目のためにも、健康のためにも大事です。

 

そもそも運動したほうがいいんじゃない?と思うのですが・・・。。

 

 

 

そうですよね。

 

人生100年時代、しっかり運動しなくっちゃ。

 

と思う、今日この頃です。

 

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

幸せも成功も本当の自分を知ることから@稲場真由美のジェイバンブログ

Copyright © JBAN All Rights Reserved.

PAGETOP